院長紹介

ご挨拶

私はもともと神経内科医でした。神経内科医として働くなかで「外来通院が困難な方」、「入院より自宅療法を望まれる方」を多く目にしてきました。そういった方々のためにできることはないか、その思いで在宅医療の道に進みました。この度、地元に恩返しをしたいという気持ちもあり名古屋市中川区に「もり在宅クリニック」を開業しました。
少しでも皆様のお役に立つことができれば幸いです。

院長 森 盟(もり ちから)

院長プロフィール

略歴

名古屋市港区に生まれ、地元の小中学校を卒業し旭丘高校に入学。
島根大学医学部で医学について学び、卒業後は名古屋第一赤十字病院(中村日赤)で初期臨床研修を行いました。研修後は同病院の神経内科医として勤務し、脳卒中(脳梗塞/脳出血)、認知症、パーキンソン病、神経難病を中心に内科の知識を養いました。
2018年よりみどり訪問クリニックで在宅医療について学び、2020年4月に「もり在宅クリニック」を開業しました。

所属学会、資格・研修

  • 所属学会:日本内科学会、日本神経学会、日本在宅医療連合学会
  • 資格・研修:日本内科学会認定内科医、日本救急医学会認定ICLSコース、日本救急医学会認定JPTECコース、日本内科学会認定JMECCコース、エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座、名古屋第一赤十字病院内科系後期研修臨床医コース(神経内科)、名古屋第一赤十字病院緩和ケア研修会

クリニック理念

  • 患者様、そのご家族にとっての「幸せ」のお手伝いをします
  • ともに働く仲間を尊重します
  • 地域医療に貢献します